blender 使い方

Blender2.9の基本を徹底解説|初心者が知るべき基本操作

  1. HOME >
  2. blender >
  3. blender 使い方 >

Blender2.9の基本を徹底解説|初心者が知るべき基本操作

  • Blenderを使ってみたいけど、基本操作が分からない
  • 3Dモデリングに挑戦してみたい

そんな方に無料で使える3DソフトBlenderの使い方や基本を分かりやすく項目ごとにまとめました。

これからBlenderの使い方を学びたい方はぜひ参考にしてみてください。

 blender2.9の使い方を初心者にもわかりやすく解説!

Blenderとは?

Blender(ブレンダー)は無料の3Dソフトです。ゲームや映像作品、アニメまで様々な業界で利用されています

モデリングからライティング、アニメーション、物理演算のシミュレーション等、豊富な機能を備えています

Blender(無料)のインストール方法はこちら

Blender(ブレンダー)ver2.9の画面と基本操作

画面構成について紹介

①、メインメニュー・・・ファイル操作やシーン構成の情報などを表示している場所

②、ワークスペース選択・・・モデリングやアニメーションなど、各作業時に画面レイアウトを変えることができる場所

③、アウトライナー・・・シーンに含まれるカメラや、3Dモデルなどを一覧表示している場所

④、プロパティ・・・シーンやオブジェクトのプロパティを表示している場所

⑤、タイムライン・・・アニメーションを作る際、再生、停止などをするための場所

⑥、3Dビュー・・・中心の大きな場所。3Dモデルをさわる作業領域

⑦、ステータスバー・・・現在何を行えるのかが表示されている場所

画面構成

視点移動について

ナビゲーション

ビュー→視点の操作からショートカットキー等を確認することができます

Blenderナビゲーション

ホイール

マウスホイールを押しながらマウスを動かす・・・自由な視点移動

マウス視点移動1

 

マウスホイール 上に移動・・・拡大
        下に移動・・・縮小

マウス視点移動2

マウスホイールとShiftを押しながらマウス移動・・・視点の自由な平行移動

マウス視点自由移動

テンキー

『0』キー・・・カメラ視点

テンキー0

 

『1』キー・・・正面

テンキー1

 

『2』キー・・・下方向に15度回転

(何度も押すことで15度ずつ回っていきます)

テンキー2

 

『3』キー・・・右正面

テンキー3

 

『4』キー・・・左に15度回転

(何度も押すことで15度ずつ回転)

テンキー4

 

『5』キー・・・投影方法の切り替え

(一回押すごとに透視投影と平行投影の切り替え)

テンキー5

 

『6』キー・・・右に15度ずつ回転

(何度も押すことで15度ずつ回転)

テンキー6

 

『7』キー・・・真上

テンキー7

 

『8』キー・・・上に15度ずつ回転

(何度も押すことで15度ずつ回転)

テンキー8

 

『9』キー・・・反転

(正面であれば後ろ、右正面なら左正面になります)

画像は右正面から反転し、左正面を映したもの

テンキー9

 

『.』キー・・・選択しているものを拡大表示

頂点、辺、面を選択しているとその一か所だけを拡大することもできますテンキー.

 

『/』キー・・・選択しているものを拡大表示(それ以外のものは非表示)

拡大表示後、もう一度『/』キーを押すと、縮小表示+非表示にしたものが再度表示されます

テンキー/

 

Shift+4キー・・・左方向にロール

Shift+4

 

Shift+6キー・・・右方向にロール

Shift+6

 

Ctrl+Alt+0キー・・・現在の視点にカメラを移動する

Ctrl+Alt+0

基本操作方法

マウス操作方法

マウスホイール

動かすことで3Dビューを拡大縮小することができます

マウス左クリック

コンテクストメニューが表示されます

表示される内容はモードや選択しているもの(頂点、辺、面など)によって異なります

コンテクストメニュー

 

オブジェクトの操作

長押し:オブジェクトをクリックすることで一つずつ選択できます

また、選択後そのままドラッグすることでオブジェクトの移動も可能です

選択3

 

ボックス選択:マウスをクリックしながらドラッグすることで四角形の範囲選択が可能です(複数選択も可)

ボックス選択

 

サークル選択:マウスをクリックしながらドラッグするとサークルが移動し、そのサークル内にオブジェクトを入れることで複数選択が可能です

サークル選択

 

投げ縄選択:マウスのドラッグで投げ縄を作成します

投げ縄内にオブジェクトを入れることで複数選択が可能です

投げ縄選択

 

画像赤線部がオブジェクトモードになっている場合、頂点、辺、面は選択できません

選択1

 

画像赤線部が編集モードになっている場合、頂点、辺、面を選択することができます

選択2

 

拡大・縮小・回転

まず赤線部をオブジェクトモードにします

選択1

移動

オブジェクトを選択した状態でショートカット『G』キーを押すと移動できます

拡大・縮小

オブジェクトを選択した状態でショートカット『S』キーを押すと移動できます

回転

オブジェクトを選択した状態でショートカット『R』キーを押すと移動できます

上記のショートカットキー+XYZのどれかを押すことで、押した軸だけを固定してアクションを行うことができます

(例)G+Z(青い軸が表れているZ方向のみの移動が可能になっています)

移動キー

(例)S+Y(緑の軸が表れているY方向のみの拡大縮小が可能になっています)

拡大キー1

一般的なCG制作の流れとは?

1:モデリング

資料やイラストを元にモデルを作ります

2:マテリアル・テクスチャ

柄やディテールをテクスチャに書き込みます

また、各モデルの質感をつけるために金属や光沢、透明度などを設定します

3:キャラクターセットアップ

作成した3Dモデルを動かすために骨や表情、3Dモデルをそれに追従するようにセットアップをします

4:アニメーション

3までで制作した3Dモデルを使用して、アニメーションを作成します

5:書き出し

3Dモデルやアニメーションを書き出します

-blender 使い方

Copyright© プロから学ぶ!3D教室・モデリング講座ならSMILES , 2021 All Rights Reserved.