Maya

MAYA初心者でも分かる!マテリアルを使ってリアルな質感を出そう

  1. HOME >
  2. Maya >

MAYA初心者でも分かる!マテリアルを使ってリアルな質感を出そう

maya初心者のよくあるお悩み

MAYAを使ってマテリアルを適用したいけどどうやればいいのかわからない。

マテリアルの種類がいっぱいあってどれを使ったらいいのかわからない。

マテリアルは3DCGにリアルな質感を加える、ものすごく大切な機能です。

マテリアルのそれぞれの特徴と、MAYAを使ったマテリアルの適用方法までわかりやすく解説します。

初心者の方もMAYAのマテリアルを使いこなしてリアルな3DCGを作ってみましょう!

MAYAを使ってマテリアルを適用しよう

MAYAのマテリアルとは?

マテリアル(英:Material)とは、「材料」「原料」といった、加工品のもととなる素材を表す言葉です。たくさんのソフトで使われる言葉ですが、直訳だと下記のような意味があります。

マテリアル(英語表記)material

1 物質。材料。原料。
2 生地。素材。
3 用具。器具。

MAYAでは、マテリアル(シェーダとも呼ばれています)を3DCGオブジェクトに色、反射、透明など材質感を表現する時に使用します。

MAYAではレンダリングシェルフにいくつかのマテリアルが用意されていますので、ぜひ確認してみてください。

シェルフの出し方

ウィンドウ→UI要素→レンダリングにチェックを入れる

シェルフ表示

MAYAのマテリアルの種類

Anisotropic

Anisotropic(異方性)は、宝石やCDなど光が入射する角度によって色が変化して見える表現に適したマテリアルです。

Blinn

ソフトな鈍いスペキュラ ハイライトの物や金属表現に適したマテリアルです。

Lambert

光の反射が無いマットな質感の表現に適したマテリアルです。

Phong

プラスチックなどスペキュラ ハイライトがはっきりした物の表現に適したマテリアルです。

PhongE

Phongを拡張したマテリアルで、Phongよりレンダリングの処理速度は上がります。

surfaceShader

陰影の無い単色のマテリアルです。板ポリゴンに適用することでレフ板のような表現ができます。

useBackground

オブジェクトの影のみをレンダリングしたりすることができるマテリアルです。

MAYAを使ったマテリアルの適用方法

step
1
オブジェクトを選択

:マテリアルを設定したいオブジェクトをオブジェクトモード選択します。

step
2
オブジェクトにマテリアルを設定

レンダリングシェルフに切り替えます。いくつかあるマテリアルの中からお好きなマテリアルのアイコンをクリックします。そうすると選択されたオブジェクトにマテリアルが設定されます。今回はPhongを選びました。

step
3
カラーなどを調整

:マテリアルを適用すると画面右側にあるアトリビュートエディタにマテリアル設定が現れ、カラーやスペキュラ値などを設定できます。

カラーを赤色に変更するとオブジェクトに色が反映されます。

ハイパーシェードを使ったマテリアルの適用方法

step
1
ハイパーシェードを開く

マテリアルはハイパーシェードで管理されています。最初にメインメニューのウィンドウレンダリングエディタハイパーシェードを選び、ハイパーシェードのウィンドウを開きます。

シェルフの上にあるアイコンからでもハイパーシェードを開くことができます。

step
2
オブジェクトにマテリアルを適用

マテリアルのアイコン内でマウスの中ボタンを押しながら、オブジェクトにドラッグ&ドロップします。

オブジェクトにマテリアルが適用できました。

選択された部分のみマテリアルを適用する方法

ステップ1:マテリアルを適用したいフェース(面)をShift左クリックで複数選択します。

ステップ2:適用するマテリアルを中ボタンを押しながらドラッグ&ドロップします。そうすると選択された部分のみマテリアルが適用されます。

マテリアルを適用する際の注意点

デフォルトで適用されているLambert1は使わないようにしましょう。Lambert1にテクスチャ設定などをしてしまうと、新規で作成したオブジェクトにもLambert1が適用される為、見づらい原因になります。

マテリアルを適用する際によくある質問

使っていないマテリアルを簡単に削除したい。

ハイパーシェードのメニュー項目の編集未使用ノードの削除を選ぶと使われていないマテリアルが削除されます。

Lambert1マテリアルは仕様上削除することはできません。

MAYAでどのマテリアルを使っているかわからないときの対処法

マテリアルからオブジェクトを選択する方法

ハイパーシェードを開き、マテリアルのアイコンを選択します。

ハイパーシェードメニューの編集マテリアルからオブジェクトを選択を選びます。

マテリアルが設定されたオブジェクトが選択されました。

マテリアルからオブジェクトを選択する方法2

マテリアルのアイコン(下画像では赤色のマテリアル)をマウスの右ボタンを長押しをして、メニューを出します。マテリアルからオブジェクトを選択を選びます。選ぶ時は右ボタンを押しながらドラッグして選びます。

マテリアルが設定されたオブジェクトが選択されました。MAYA操作に慣れればこちらの方法の方が素早く選択できます。

オブジェクトからマテリアルを選択する方法

マテリアルを調べたいオブジェクトを選択します。

ハイパーシェードメニューの編集オブジェクトからマテリアルを選択を選びます。

オブジェクトに設定してあるマテリアルが選択できました。

Mayaのマテリアルについてもっと知りたい方は

もしMayaのマテリアルや操作について、もっと知りたい、Mayaを上達したい方は3DCGスクールでの受講をおすすめします。

-Maya

© 2021 プロから学ぶ!3D教室・モデリング講座ならSMILES